正しい結婚指輪・婚約指輪の豆知識

婚約指輪(エンゲージリング)の由来とは?
婚約指輪(エンゲージリング)の慣習が生まれたのは、古代ローマ時代。結婚よりも婚約を重視していた当時、約束の履行を誓約する印として、鉄の輪を贈ったと言われています。当初鉄製だったリングは、西暦2世紀には金製のものが使われ始め、さらに中世初期には宝石付きの指輪を送る習慣が始まります。ちなみに、ダイヤモンドのエンゲージリングを最初に贈った男性は、1477 年、オーストリアの皇太子マキシミリアン大公です。ブルゴーニュ公女マリア妃との婚姻は政略結婚でしたが、かまぼこ型のダイヤモンドでMの字をかたどった、エンゲージリングを贈りました。
婚約指輪(エンゲージリング)とは?
婚約指輪(エンゲージリング)とは、婚約が成立したときに男性から女性に贈るのが一般的です。結婚を意識し始めた多くの女性達は、よくドラマや映画のプロポーズのシーンに登場する「結婚してください!」と、プロポーズと共に男性が愛する女性にダイヤの指輪を差し出したり、有名芸能人が婚約会見で、左手の薬指につけた“ものすごく大きなダイヤ”をカメラの前で披露してくれるイメージとダブらせて、期待と楽しみを抱き合わせて待ってる指輪のことです。といえば分かりやすいかも。
結婚指輪(マリッジリング)の由来とは?
古代ローマ時代より取り交わされるようになり、古来から丸い形は完全無欠のシンボルとされ、継ぎ目のない輪は終わりのない=永遠を象徴しています。丸いリングを着けることにより、永遠を約束することになるのです。特にお互いに贈り合う結婚指輪(マリッジリング)を身に着けることにより、「永遠の絆」を表しています。日本では結婚指輪をマリッジリング(marriage ring)と呼ぶが、本来はウエディングリング(wedding ring)、またはウエディングバンド(wedding band)が正しい。

結婚指輪(マリッジリング)とは、挙式の結婚誓約後に指輪を二人が交換し、結婚後多くの人が日常的にはめるペアの指輪です。結婚指輪は二人の誓いの証であるとともに、「私は結婚しています」と周囲に知らせる指輪でもあるのです。現代でも欧米では金の結婚指輪(マリッジリング)が主流ですが、日本では圧倒的にプラチナの人気が高い。 最近では、同じデザイン・同じ素材でなくても指輪の内側に二人のお写真や手書きのメッセージを刻むことで“特別感”“二人だけのひみつ”“プロポーズの言葉・シーン”等で『強い絆』を密かに楽しんでいらっしゃいます。静かな、マイブームみたいですよ♪
婚約指輪(エンゲージリング)の購入時期は?
平均すると挙式の約10か月前から探し始める方が多いようです。結納や両家顔合わせが挙式の6〜7か月前に行われることが多いため、それまでには準備を終わらせておきたいものです。最近では結納・結婚が多様化し、婚約指輪(エンゲージリング)の選び方も多様化しています。例えば、結婚指輪(マリッジリング)を購入する際に婚約指輪(エンゲージリング)も一緒に購入されたりしてますので、最低でも2か月前までにはご準備されたがベストです。しかし、お時間の無い方や出来ちゃった婚の方には1か月前でも1週間前でも1日前でもご用意出来る範囲でご準備させて頂いてます。
婚約指輪(エンゲージリング)を用意したり代金のお支払いはどちら・・・?(男性? 女性?)
婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズや結納品として納めることが多い為、男性が女性に贈ることがほとんどです。 婚約指輪(エンゲージリング)の場合は、男性から女性へ贈るものなので、男性が代金を支払うのが一般的です。
結婚指輪(マリッジリング)の購入時期は?
平均的には挙式の4〜6か月前から探し始めるカップルが多いようです。オーダーがあまり早やすぎると体調の変化等で指のサイズが変わってしまう場合もありますが、逆に遅すぎると希望の一部を妥協することになることもあります。初めての買い物はイメージが湧きづらいものなのでどんな希望でも叶えられるように早めにご検討されて、お使いになる2ヶ月前くらい迄にはご注文されるのがベストです。ナカナカ時間が取れなくて〜というお二人には、一週間前でも、一日前でも青い鳥では、ご用意出来る範囲でご準備させて頂いてます。
結婚指輪(マリッジリング)を用意するのはどちら・・・?(男性? 女性?)
結婚指輪(マリッジリング)の場合はカップルによってお支払方法もさまざまです。男性が代金を全額支払いされるパターンが多いようですが、最近は二人で分割するパターンやお互いに贈り合う(男性のリングを女性が、女性のリングを男性が贈り合う)、という新しいパターンも生まれてきています。特に決まりはなく、どれが一般的とも言い切れませんので二人でご相談するのがベストといえます。
結婚指輪(マリッジリング)はいつも身に着けておくもの?
結婚指輪(マリッジリング)は結婚の証として左手の薬指に着けるものですが、お仕事内容などの関係から指から外され、ネックレスなどに通して普段身に着けられる方もいらっしゃいます。女性の方も家事の際に指輪を外されたり、お出かけの際のみ着けられる方もいらっしゃいますが、お互いの永久の愛を誓い合った大切なリングですので、力仕事や深いキズが付きやすいお仕事でのご使用の際だけ外していただき、それ以外はいつもお二人のどんな生活シーンにでもお着け頂きたいと願ってます。どうしても使用してたら小キズが入りますが、何年かに一度実費はかかりますが、新品仕上げをされるとほとんど新品みたいになるサービスも承っております。
婚約指輪(マリッジリング)はどの指に着けるのですか?
それはなんと!古代エジプト時代の言い伝えからきています。左手薬指の血管が直接心臓と「愛の静脈」で繋がってる!?と信じられてきたという理由から・・・誓いの意味もプラスされ結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)ともに左手薬指につけるようになったようです。
婚約指輪(エンゲージリング)には、ダイヤモンドが一般的ですが、なぜそうなったのでしょうか?
1477年、神聖ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュの公女マリーに結婚を申し込んだ時に、ドイツのモロルティンガー博士が、「不屈の力」「永遠」を意味する石のダイヤモンドの婚約指輪を贈るように助言したのが、ダイヤモンドを婚約指輪に使った最も古い記録です。
ダイヤモンドの強固さゆえ、大切な婚約者が結婚までの間、病気や事故に遭わないよう「お守り」として贈られるようにもなりました。また、無色透明さが「純潔」を意味するとも。愛する人と永遠に一緒にいるための誓いの指輪ということになります。
一方日本では、婚約指輪(エンゲージリング)が広まったのは明治以降といわれています。西洋文化が日本の伝統と融合していくなか、結納品として「結美和(ゆびわ)」が結婚の儀式の一部として広まっていきました。
夫婦でデザインの違う結婚指輪(マリッジリング)をえらんでもいいのでしょうか?
職場の雰囲気や好みはひとそれぞれ違うので、全く違うリングを選ぶカップルは増えているようです。同じブランドでデザインは違うものを選んだり、違うブランドを選んだり、男女で素材や石を変えたり、でも刻印(指輪の内側にお二人の写真を入れたり手書きのメッセージを刻む)だけ揃えていらっしゃる方も増えてきました。
どこかだけ!お揃いにする♪〜という自分らしさを選択をされるカップルさんも沢山いらっしゃいます。
婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)の全国平均お求め金額はいくら?
婚約指輪(エンゲージリング)は約30万円、結婚指輪(マリッジリング)は2本で約20万円が平均的なようです。
結婚指輪(マリッジリング)については男性はダイヤなし、女性はダイヤモンド付きを選ばれたりする傾向があり、女性用が少しだけ高めになる傾向があるようです。耳より情報ですが、青い鳥ではプラチナ婚約指輪(エンゲージリング)は約5〜6万円から、プラチナ結婚指輪(マリッジリング)は2本で約6万円からご用意させて頂いてます。
安寧(あんねい) ハードプラチナ 絆絆(きずな) ハードプラチナ 愛響(あいきょう) ハードプラチナ 双璧(そうぎょく) ハードプラチナ 一筋(いちず) ハードプラチナ
信頼(しんらい) ハードプラチナ  無限(むげん) ハードプラチナ 結綸(ゆうりん) ハードプラチナ 微笑(みしょう) ハードプラチナ 誠実(せいじつ) ハードプラチナ
感謝(かんしゃ) ハードプラチナ  夢妙(むみょう) ハードプラチナ 喜悦(きえつ) ハードプラチナ 輝凛(きりん) ハードプラチナ 約束(やくそく) ハードプラチナ
愛情(あいじょう) ハードプラチナ 永遠(とわ) ハードプラチナ 至福(しふく) ハードプラチナ 誓詞(せいし) ハードプラチナ 優温(ゆうおん)ハードプラチナ
尊敬(そんけい)ハードプラチナ 情熱(じょうねつ) ハードプラチナ 幸響(こうきょう) ハードプラチナ 要諦(ようてい) ハードプラチナ 希望(きぼう) ハードプラチナ
デザインは25シリーズ50種以上からお選びいただけます

ページトップへ